ふてぐみんのぶろぐ

日々の感じたこと、過去の出来事で発信したいことを書く。

生活の見直し

こんにちは、ふてぐみんです。

 

・背景

生活を見直したいなと思うようになってきました。平日朝夜は耳からの学習以外何もしていないからです。アレクサさん大好きですけどね。

勤務地が変わるので、生活習慣そのものを変えなければと。インフラエンジニアは朝が早くなる。

 

・現状

5:30〜6:30 起床

6:30〜8:00 ジムとお弁当作りと身支度

8:15 家を出る

8:45オフィスの自分の席につく

17:45退社

18:30家に帰る

 

・これから

7:15家を出る

今までの生活をするには組み直さなければならなくなりました。

 

・いつ何をするのか

朝に向いているもの 学習 筋トレ

夜に向いているもの 何かを聞きながらの作業(炊事洗濯掃除お弁当のおかずつくり)

 

06:00起床

06:15ジムへゴー

06:30筋トレ!ストレッチ!バーレッスン!

06:45ジムから戻りおかゆ作り

07:00身だしなみ等々

07:15出社開始

18:15帰宅からのぐだぐだ

19:00夕ご飯とお弁当のおかずつくり

20:00片付けドタバタ。

21:00インフラ勉強会?または自習

22:00インフラ勉強会?または自習

23:00就寝

 

こんな感じか。やってみようと思います。

時間帯ずらすのなかなか難しいですが…

 

 

5月の折り返し

こんばんは、ふてぐみんです。

現時点の五月の計画を振り返ってみます。

AWS associateの勉強 ⇨手付かずだけども調べたり聞いたりできて、目標を立てる前

退屈なことはPythonにやらせようの読破→興味のあるトピックは制覇

問題地図シリーズ2冊の読破 →興味のあるトピックは制覇

リーダブルコードの読破→手付かず

インフラエンジニアの教科書1と2の読破 →手付かず

セキュリティマネジメントの復習 →手付かず

CCNAの黒本の読破→手付かずくんは

 

ちょっと突然LPIC level2の本を渡されたこともあって、シス管系女子を読み始めました。

 

まんがでわかるLinux シス管系女子3 (日経BPパソコンベストムック)

まんがでわかるLinux シス管系女子(日経BP Next ICT選書)

まんがでわかるLinux シス管系女子2(日経BPパソコンベストムック)

 

先輩と後輩でやり取りされる風景が微笑ましいのと、漫画だからとっつきやすい、そしてなぜそのコマンドを使うかがわかりやすいということで。改めて読むと新たな気づきがあります。一年前に1,2は読んでいたのですが…3は初めて読むので新鮮ですー。

 

IPA情報処理技術者の合格発表ですね。

まだ見ていませんがドキドキします。確信がないので…

 

9/15までの目標

AWS Associateどれか一つの認定取得

LPICの取得

 

ブログはメモ書きみたいな感じなので…とりあえず五月末まで何だかんだLinuxの知識を補充しつつ仮想化についても理解して行きたいと思います。

おわり。

 

 

皐月 二〇一八 平成三〇年

こんばんは、ふてぐみんです。

平成最後の五月ですね。なんだか感慨深いものです。平成生まれなので。

 

五月にすることを月初の本日宣言いたします。

AWS associateの勉強

退屈なことはPythonにやらせようの読破

問題地図シリーズ2冊の読破

リーダブルコードの読破

インフラエンジニアの教科書1と2の読破

セキュリティマネジメントの復習

CCNAの黒本の読破

です。電子書籍積読しているので、移動時間などで消費したいです。特にWindowsの本とか。ITILとか。

 

今月の勉強会は社内勉強会の苦悩をいたします。セキュマネ受かってたら、次の試験に向けての準備をトークできたらいいなと思います。最低二本アウトプットをだせたらなぁと。

 

GW開けたら転職活動再開します。それまでは履歴書と職務経歴書の充実を図ります。今月はイベントが多いので楽しみ!面接は梅雨にやりたいですねー。

とりとめもないブログでした。

 

 

 

スマホでできるインフラ勉強会の登壇

こんばんは、ふてぐみんです。今夜もインフラ勉強会するぞ!!

と、月1ペースのなわけですが、皆さんと違って環境があんまりととのっていない私でもなんとかやっているので簡単に紹介をしたいと思います。

二端末あることと、通信の契約をしていることが最低限の要件です。

 

  • アプリを入れて勉強会実施の宣言をする

Discordのアプリをスマホにダウンロード

勉強会への参加の仕方は以下のwiki参照

https://wiki.infra-workshop.tech/

 

勉強会始める前には、Discordでstudylistで宣言をして、インフラ勉強会のカレンダーに追加し、Twitterで宣伝をします。

 

  • 資料を作成する

Googleスライドもダウンロード

大体の勉強会はスライドの内容が浮かんだ時にiPhoneでスライドにおこしています。慣れると案外はかどります。

 

  • 登壇前

モデレータさんが作ってくださるチャンネルに、Googleスライドの共有を押したあと、共有のリンクをクリップボードにコピーして貼り付けるだけ。そして、study-group1/2に接続してマイクテストをして、いざ登壇!

 

二端末あれば、片方をDiscordでタイムラインの表示と音声の発信、もう片方でスライドを表示して話すとできます。

 

ガチ勢も多いインフラ勉強会ですが、ゆるーく最低限このリソースさえあれば勉強会を開催できますので、是非挑戦してみてください!

 

追記

0503-インフラ勉強会での登壇の仕方の勉強会logをご覧ください。Googleスライド資料も公開しています。

 

 

 

もうすぐ4月下旬

おつかれさまです、ふてぐみんです。

どたばたとしていたので更新していませんでした←

今月は週末に予定が多く、資格試験もありまして。

来月は少し落ち着くかなぁとおもいます。たぶんね。

 

そういえば、2年目になりました。

特に何かが変わったわけではないですけどね。

 

近況といえば、WBSからほとんどbynameで指名されなくなったので、

給料もらっていいのかな〜ってくらい自由にしています。

呼び出されて怒られないっていいですね!!!

他の人は残業を強いられています。謎です。

残業は少ない方ですけど前月は5日分の残業時間を記録しました。

今月はすでに3日分。有給を消化しても所定労働時間をいつも超えてしまう。

 

とはいえ、初めての事だらけで誰も方向性がわからないことを

調べて、まとめて、内部で展開して、方向性を示すっていう

所属部署の名前らしい、職種らしい仕事をしています。

なので統計の知識や簿記の知識などフル稼働で頭をよく使います。

もう少し運用と開発の知識を補完していきたいとおもいます。

 

というわけで、ソフトウェア系の資格とマイクロソフト系の資格とできればAWSの資格の一番基本になる資格の勉強を始めようと思います。しばらく公式ドキュメントなどで情報を仕入れた上で本屋で探そうと思います。(オンライン書店含め)

 

やっぱり開発楽しいけど、開発だけでなくてその先の運用を見据えた職につきたいなと思います。会社はたぶんかわるけど、やりたいことをやれるように転職活動いたします。

 

TOEICといふものを受けてみた

おつかれさまでした、ふてぐみんです。

名古屋はウィメンズマラソンで交通規制の影響を少なからず受けておりヒヤヒヤしました。

なんというか・・・TOEICいつぶりかとおもえば・・・6年ぶり?

まさか・・・思ったけれども、学生時代は、TOEIC受けずにTOEFLやIELTSを受けていたようです。

2011年の1月のスコアを2012年12月までの試験まで使っていたので確かなよう。(Google Driveで履歴書の検索かけたらそんなかんじ)

TOEICのスコアを使ったのは、短大生のときの就職活動と大学編入学試験のときです。

某大学が必須だったんですよね〜。今思えば大学院より楽だったな。

話は戻し、2011年3月のTOEIC東日本大震災でなくなってしまい、それ以来受けていなかったんですね。

新形式!!!と話題になっていたようですが、どこがどう変わったのかさっぱりわからず、いつの間にか終わっていたなと思います。

試験前に勉強したのは、こんなかんじです。

家事・移動中→TOEICサウンドマスターのアプリで聞き流し/シャドーイング/瞬時英訳のモードを変えつつ音声を聞き、英語を発音する。または、PodCastでEnglish UpgraderやTOEIC対策本の模擬問題を流すなどしていました。集中して聞くというより何かしながらでも聞けるようにしていました。

 

 

あとは音声を発声してもいいような状況のとき(人がたくさんいて騒がしい広い公園や時間帯的に問題ないとき)に、テキストの英文を見ながら発音していました。

 

試験勉強の効果

”小顔になる”

以上です。いや~二重あご気になっていたんですけど、ましになりました。(てへ)

英語の発音練習すると、普段使わない筋肉を使うので。

真面目なはなし、ワードの聞き落としが減ります。普段でも名詞と動詞は拾えるんですけど、be動詞や副詞や修飾語は落としがち。聞き落としがないと、時制などもわかりますよっと。

 

TOEICの学習スタイルは、

ながら勉強〜でコツコツと集中して、毎日午前と午後にちょっとやるっていうの大事です。あとは電子書籍TOEIC本をペラペラめくって〜思い出すって感じです。

 

今回の結果を見る前に、5月も申し込んでその手応え次第かなと。

今回のおためし受験で過去の自分を超えていたらいいんですが(735点)

おそらくあの大学受験後のモチベーションの高かった頃に比べたら落ちているでしょうし。受けないと転職のときに使えないだろうということです。いやだって、英検準1級は2回落ちて(不合格B→不合格A)いるし、他の試験の受験料は2万5千円くらいなので、3回位までなら受けてもいいかな〜と思っています。英検準1級は2日間試験に取られるのがいたいんですよね。

TOEICの目標

Listening 450,Reading350くらいをめどに頑張ります。

結局情報処理能力を求められる試験なように思います。

英語を理解しようと思うと文化や背景まで知らないと厳しいですしね。

そういう意味ではTOEFLやIELTSや英検のほうが好きです。

さて、資格試験といえば、4月には情報処理技術者試験がありますね。

今回は情報セキュリティマネジメント試験を受験します。@大阪

また何を勉強するか、LTはなにをするかなど次に書きます。

試験前にLTをするために、勉強しまくって、

インフラ勉強会の人にも還元できたら美味しいじゃないですか〜(笑)

 

編集履歴

20180311,17:45 

美味しいビールを飲む三つのポイント。

ビールメーカーのレストランでアルバイトしていたこともあるふてぐみんです。ビールのイベントでお酒を注いで渡していたこともあります!




工場見学は大体のメーカーに行きました。どこだろ行ってないの…メジャーなところは制覇できましたよ。

ビールが嫌いって若者が周りにも少なからずいるので、美味しいビールを外で飲むポイントを書きます。

⑴直営店のレストランで飲む
⑵認定されている店舗で飲む
⑶工場見学で飲む

この三つのどれかにすれば外れないです。
この三つの共通点は樽生で提供していることであり、管理が店舗でなされているということです。この三点だと市販されていない銘柄や、ピルスナー以外のビールも楽しめます。逆に品質や管理を守っていないお店で飲むとすごくまずいです。ビールも鮮度が大事。


あと意外と知られていないのですが、日本のビールメーカー以外のビールはほんとたくさん種類があります!
そういうビールがお買い求めしやすいところは酒屋さんもしかりですが、駅近などだと成城石井、コンビニだとローソンです。
ちなみにビールという扱いではなく酒税法発泡酒扱いされています。
缶だけでなく瓶ビールだと輸入品で店頭に多く並んでいます。栓抜きを買う必要がありますが…
個人的には有名どころだとコロナやヒューガルデンホワイトやチェリービールやハイネケンやギネスが好きです。

以上独断と偏見に満ち溢れたビール記事でした。日本酒だともっと語りが長くなりそう。